So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

理科系の作文技術 [自然科学]

物理学者である著者が、理科系の若者むけに書いた、論文・レポート・説明書・手紙・学術講演のための作文・発表技術。

文学などと違って、理科系の作文では、結論が大切。
書くべきことは最初に決まっているので、それをいかに短く伝えられるかが勝負。
日本語にはあいまいな表現。文のおわりまで結論が保留される表現が多い。また断定をさけ、「・・・でないか」などという記述もあるが、英語にはこのような表現はない。断定した表現をすることも大切。

作文手順
①文書の役割を確認
②主題の選定
③目標を規定する
④材料をあつめる
⑤起承転結または序論・本論・結びで文章をくみたてる
⑥概観から細部へ記述する

単位や記号についての詳細な解説がついていた。

タグ:作文 理系
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。