So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

日銀を知れば経済がわかる [ビジネス]

日本銀行=日銀の動向は経済に大きな影響がある。
日銀の仕事や組織、どんな影響があるかなどを解説した本。

日銀は発券銀行。現在の日本の紙幣は日本銀行券=日本銀行が作ったお金。ちなみに貨幣は国が作っている。
昔はお札は政府が発行したり、各地の銀行が発行したりしていた。金本位制の間は金と交換できるのが信用の源だったが、金がたりなくなり、金融機関や政府への信用でお札が成り立つようになった。
ちなみにアメリカでは、まだ各地の中央銀行が存在しているので、お札にもよくみると、印刷した銀行のマークがはいっているんだそうな。
日銀は各金融機関から国債を買い入れたりするときに、このお札で払う。そうすると、お金が世の中に出回る。

日銀は銀行の銀行
各銀行は日銀に当座預金を持っている。ここにお金を準備しておき、銀行間の決済に使う。
これは当座預金で金利はつかない。日銀が金融機関から国債を買ったりしたときもここにお金をいれる。
過去に金融機関が破たんしたとき、日銀は日銀特融を発動し、担保をなしでこれらの預金にお金を融資した。融資したお金は破たん先が再建して帰ったものもあるし、不良債権になったものもある。最後の貸し手と呼ばれる

日銀は政府の銀行
国債の発行事務を行うのは日銀。
また、わたしたちが税金を払うとき、一般の金融機関で支払うが、そのお金は日銀に集められる。金融機関には日銀の代理店であることがどこかにかいてあるはず。

中央銀行の役割
政府がお札を発行していると、お金がなければお金をすればよいということになって、ものすごいインフレになったことがある。その反省。
また、国債を直接日銀が買っていると、上記と同じ状態になりやすいというので、今は一般金融機関が買ったものを買い入れるということになっている。
日銀の目標は「物価の安定」インフレもデフレも望ましくない、そのために日銀は経済を誘導する。昔は公定歩合だったが、自由化で金利は各金融機関が決めるものになったので、いまは政策金利。銀行間で無担保で貸し借りするお金(コール市場)の金利を誘導するもの。日銀が提示する価格が事実上の上限になる。日銀より高い利子ではお金を借りてくれる銀行はないので。

日銀考査
各金融機関が、健全な経営をおこなっているか調査するもの、事前通告もある。
金融庁が行う監査はぬきうちで、日銀とは性格が違う。

組織
総裁1名、副総裁2名。各県に支店がある。
給料は大手銀行なみによく、でも民間がさがったのに、なかなか日銀はさがらなくて問題になったらしい。
天下り先も引く手あまたといわれている。
日銀の取締役会にあたるのが、政策委員会。9名の委員からなり、政策金利や経済政策(銀行保有株買い入れや、CP買い入れなど)がここで決定される。委員は常勤でそのまでの勤務は辞職して着くことになる。政府の代表も2名はいる。かつては名目のみだったが、日銀法が改正され、日銀の独立性が法的にも明記され、実質てきな取締役としての役目を果たすことになった。

報告など
「日銀短観」=企業にだすアンケートだが、日銀が行うので企業の回答率もよく、世間が注目し、株式市場にも影響を及ぼす。
「業況判断」=景気の感じ方がよいひとと悪い人どちらが多いかで判断
「展望リポート」=政策委員が出すもの
「さくらレポート」=各地の日銀からよせられた現場のいきずかいを伝えるもの

いままでの政策
「プラザ合意」で円高不況、金利を2.5%までさげる
金利を上げる時期を逸してバブルを招いたとの批判もある。また、金利を急にさげたので、バブル崩壊を招いたたの批判も。
金利を0までさげても効果ないので、量的緩和=国債を買い入れて各銀行の当座預金残高を増やす
銀行の保有株を買い入れる→不良債権化すると日銀の信用が傷つく心配も。
ようやく経済がよくなってきたと量的緩和を解除したら、リーマンショックでまたしても0金利に。

FRBはアメリカの日銀。

金融のグローバル化
G20がしめすように、いまや金融はグローバル化している。今の実質基軸通貨はドル。しかし1国の通貨が基準通貨なのはどうか?ドルが基軸通貨にきまったのは「ブレトン・ウッズ体制」からだが、そのときケインズが提案した国際基軸通貨という考えが見直されてきている。とはいえ、いまは世界中にドルがある状態でそうそう変わるとも思えないが。またアジア基軸通貨構想もあるらしい。


日銀を知れば経済がわかる (平凡社新書 464)

日銀を知れば経済がわかる (平凡社新書 464)

  • 作者: 池上 彰
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。