So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

汚れおとし大事典―ナチュラル・クリーニング [家事]

石鹸と、食材である重曹・クエン酸を使って安全に掃除する方法を紹介実践している著者が、場所別に掃除方法をまとめたもの。

アルカリ性の汚れには重曹、酸性の汚れにはクエン酸が基本

重曹には軽い研磨効果と油を吸う効果・消臭効果がある。薬、食品、工業用がある。基本振りかけて使う
クエン酸には殺菌効果がある。また消臭効果もある。あと重曹のあとに中和するために使うこともある。薬、工業用、食品添加物がある。基本水にとかしてスプレー容器に入れて使う。

汚れが酸性かアルカリ性か迷ったら重曹で試す。
クエン酸と酢は建材によって使えない、セメントや大理石鉄はだめ、怪しいときは少量でためしてから
また勝手にまぜないこと。

泡立てた石鹸に重傷をまぜるとクリームクレンザーになる

炭酸水は発泡性があるので乾きが早い、ガラスや鏡につかっても白い筋ができにくい

お湯は熱湯消毒にも使え、汚れをゆるませたり、スチームクリーナとしても使える。

掃除の基本
電源は切る、柔らかいスポンジを使って、上から下に掃除する。また乾いた汚れはなるべく乾いたままでおとす

掃除用具の解説
これらを踏まえて場所別に掃除方法を解説
場所はキッチンのボリュームが多いが、石鹸トレイなど細かいものもあって、かなり分量があった。

掃除のレベルも、ちょこちょこ、しっかり、速効、定期とわかれて解説してあった。




汚れおとし大事典―ナチュラル・クリーニング

汚れおとし大事典―ナチュラル・クリーニング

  • 作者: 佐光 紀子
  • 出版社/メーカー: ブロンズ新社
  • 発売日: 2007/10/25
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。