So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

サラバ! [小説]

このブログは要約なので、かなりネタバレです。
読もうかなって思っている人は、この先はよまないことをおすすめします。














37歳の主人公、今橋歩(あゆむ 男性)が語る自分の半生という形式。
両親の離婚。エキセントリックな姉。イラン生まれでエジプトで小学生時代を過ごしたという華々しい?生い立ちを持つ。主人公の目線で語られる家族史でもある。

歩は美人で自己中心的な母親と、ハンサムで(多分仕事ができるというかなんでもできる優秀な人)静かな父親との間に長男として生まれた。

姉がいるが、美人な母ではなく、父に似ていて、自己顕示欲が異常に強い。小さいころから反抗的で、常に自分をみてくれないと気がすまないタイプと歩はみていた。
小さいうちは泣きわめいて暴れて注目を集めようとするので、歩は自然と嵐が過ぎ去るのをまつ受動的ないい子になった。
小学校の高学年くらいになると、部屋に引きこもって母親の食事を拒否。ヨーグルトやプリンしか食べないのでがりがりに痩せていて、クラスメイトから「ご神木」と呼ばれ傷ついていた。

姉がどうであろうと、母もまた女であることをやめない人で、自分磨きや凝った料理、家を飾ることなどに夢中で、二人の相性は最悪。
後に両親は離婚するが、歩は父を「逃げた」と表現している。

父は海外駐在員で、歩はイランで生まれた。1歳半でイラン革命がおきて帰国。その後小1まで日本で過ごし、再び海外駐在になった父親について一家でエジプトに住むことになる。
エジプト滞在中に、両親は離婚。
日本に帰り母親の姓になって、小6から公立の小学校に編入した。

歩はつねに周りに溶け込もうとするタイプで、姉が目立つだけにその影響をうけないよう、友達関係や習い事に気をつかい、目立たないようにするのが上手になった。
本人はかなりの美少年で海外育ちという経歴だが、それをひけらかしたりしているととられないように一生けん命である。

姉は注目を浴びたがるので日本に帰ったときも「やらかして」登校拒否になり、その後高校へもいかなかった。歩は帰国子女の多い私立にいれれば少しはよかったかもと回想していたが、母親は自分のことしか考えていなかった。

離婚しても、歩たちの生活は父からの仕送りでまかなわれており、母親は働く必要がなかった。そこで彼女がしたのは恋人をつくることだった。

歩が素晴らしい人として、好きになったのはエジプト時代の友人ヤコブ(コプト教徒であった)と、高校のときの同級生須玖(すぐ)のこと。彼らは決して恵まれた環境にいなかったが、自分をもち自分らしく生きていた。ちなみに両方とも男の子。
歩は、容姿がよく、それなりにもてたし女の子ともつきあったが、実際彼女たちより男友達の方が大事だった。

一方で、母の実家がある町内に矢田のおばちゃんという人がいて、歩たちの祖母と親しかった。イランから帰ったとき、一時矢田のおばちゃんのマンション(かなりのボロアパート)にいたこともあり、姉も歩も矢田のおばちゃんになついていた。矢田のおばちゃんは背中に入れ墨のある人で、なぜか近所の人たちからいろんな相談事をうけるような人格者とみられていた。
歩たちがエジプトにいっている間に、この矢田のおばちゃんの家にサトラコヲモンサマという祭壇ができていて、多くの人がお参りに来ていろんなものを置いていくようになった。おばちゃんは放っておいただけだが、お参りをする人は多くなり、古くからのおばちゃんの知り合いがそれを使ってお祈りをする場所をたてた。信者?は増え続け、お参りをする建物はどんどん大きくなった。矢田のおばちゃんは祭壇のなくなった矢田マンションで相変わらずの暮らしをしており、お祈りに来た人たちが置いたものはすべてサトラコヲモンサマの建物などになっているらしかった。
歩の姉もこのサトラコヲモンサマにお祈りするようになり、矢田のおばちゃんの直接の知り合いであることから尊敬すらうけるようになっていた。なぜかサトラコヲモンサマでは矢田のおばちゃんに直接声をかけたりしてはいけないことになっているが、姉は昔からの知り合いとして付き合っていたからだ。

歩の母親は三姉妹だったが、長女は羽振りのよい自営業者と結婚。息子ふたりと娘がいる。次女は結婚せず母親と暮らしており、夏枝という。本や音楽といった芸術的なものを愛し、自分からなにか意見をいったりしたりする人ではないが、辛抱強く誠実な人である。歩や姉にも、自分の気分でなく、そういう意味でよりそってくれていて、二人とも夏枝おばさんになついている。
歩の母は末っ子である。
祖母は小町といわれた美人で、祖父と結婚したのは「顔で選んで失敗した」といっていた。貧乏はしたが3人の娘を小さな店をしながら育て(なぜか夏枝だけが手伝った)、今は娘たちの結婚相手の仕送りで暮らしている。
この夏枝おばと、須玖は、芸術を愛するという一点でとても気があっていた。

歩の親友須玖は阪神大震災で傷つき、不登校になってしまう。
また、オウム真理教の事件でサトラコヲモンサマは不審な団体とみられて閉鎖。
姉はこころのよりどころを失って部屋からでてこなくなった。
矢田のおばちゃんの説得で姉は再び海外駐在員になった父とともにドバイに旅立つ。このとき引きこもっていたときの髪があまりにひどいので坊主にしたのだが、彼女はしばらく坊主頭のままだった。
歩は逃げるように受験勉強をして東京にでた。

一人暮らしをするようになり、歩は女の子と遊びまわった、1年ほどでおちついて、大学の映画研究会に入る。そこにはオタクな男の子たちばかりで、居心地がよかった。しかし、のちに後輩の鴻上という女性がはいってきて、部内の複数の男性と関係をもち、居心地のよかった部は失われてしまう。
鴻上と歩はなぜか気があって飲み友達になる。
のちに気が付くのだが、歩は鴻上に好意をもっていたのだ。
しかし、ビッチと呼ばれた鴻上を好きになる自分を許せず、気持ちに気が付かないふりをした。歩が選んだ恋人はいつも美人で年上の仕事のできるタイプだった。でも最後はいつも別れていた。

不況だったせいもあり、歩は就職しなかった。バイト先のポップを書くことからはじめて、ライターになった。20代はくる仕事をこなしている間に売れっ子ライターとして過ぎていった。
姉は父とともに日本に帰り、アーティスト・ウズマキとして活動していた。しかし、歩の恋人がウズマキの写真をとって公開したところ、容姿について中傷され、そのなかに「ご神木」という言葉をみて姉は傷ついて活動をやめた。
歩の父は日本に帰ってしばらくしてから会社を退職し、山奥の寺に出家した。退職金はすべて歩たちにわけられた。父は離婚してからほとんど食べず修行のような暮らしをしていたのだ。

そのころ姉の取材をしたくない歩は「母が病気だ」といって帰省していた。
すると、祖母がなくなり、続いて矢田のおばちゃんが亡くなった。母は祖母が亡くなってすぐ再婚した。そしてまた離婚した。
矢田のおばちゃんは姉に遺骨を散骨するようにと遺言しており、姉はおばちゃんの骨と遺品をもって旅立つ。

歩は30歳を超え、仕事はいきづまっていた。専門分野ももたず、情熱もないため、若いほかのライターに仕事はいっていた。さらに自信をもっていた容姿も、髪が抜けるという事態におちいり、歩は帽子を手放さなり、外にもいかなくなる。
そのころ取材で須玖と再会する。須玖はニューヨークの同時多発テロのあと、死のうとして富士山をめざし、最後に食べたティラミスで思いとどまり、今は「てぃらみす」という名前で芸人をしていた。二人はまた話をするようになり、そこに偶然であった鴻上が加わり、歩は二人とつきあうことで、自分が輝いている時代に浸って慰められた。

そんななか、姉が夫ともに帰国した。
チベットであったというユダヤ教徒の夫はポーランドの血がはいったアメリカ人だった。姉はサンフランシスコで夫暮らし、ヨガを教え、安定していた。矢田のおばちゃんの遺言「信じるものをみつける」ができていたのだ。37歳の姉は少し肉がついて(ベジタリアンなのでそれほどでもないが)、落ち着いていてそれはアジアンビューティーといえるほどだった。母とも屈託なく話、二人はいっしょにヨガをやったりするのだ。
そして歩に、歩がいつもほかの人に注目して生きていることを指摘し、「信じるものを、誰かに決めさせてはいけない」という。歩は逃げた。

しかし、東京に戻ると鴻上と須玖はは結婚し、歩はますます追い詰められる。
このときはじめて自分が鴻上を好きだったが、鴻上がビッチと呼ばれているから自分の彼女としてふさわしくないと決めつけて心を偽っていたことを思い知る。そして鴻上の過去を冗談めかして須玖に告げたりして自己嫌悪してしまう。
歩は一人で仕事もせず、父と矢田のおばちゃんの遺産を食いつぶしながら図書館で小説を読み始める。

姉の手紙を読んで歩は父に会いにいくことにする。
そこで語られたのは、父にはもともと婚約者がいて、母はその後輩だったこと。でも父と母は恋におち、婚約者にあやまり会社をやめて一緒になったこと。エジプトに来た手紙の主は婚約者で、父とわかれてから一人で同じ会社に勤めがんで亡くなる寸前だったこと
。父が罪の意識から幸せになることを放棄したこと、犠牲にした先輩の分も自分が幸せになろうとしていたこと、二人がすれちがってしまったことを知った。もともとから歩の家族は不安定で、それを感じていたのは姉だったのだ。
父は、今では死んだ婚約者を不幸だと思うことが不遜だったと思うようになり、解放されていた。幸せになることから遠ざかろうとして幸せになり、母は幸せになろうとしてかえって幸せから遠ざかっているようだった。

歩があいかわらず図書館通いの日々を送っていると姉から連絡がきた。アラブの春だった。
エジプトでコプト教徒の教会がもやされたときいた歩は、おもわずエジプトに飛んでいた。
奇跡的にヤコブのおじさんと再会し(歩たちのフラットも近所のホテルもそのままあった)ヤコブと再会する。ヤコブは3人の子どもの父親になり旅行代理店の支店長をしていた。英語が使えるようになっていた。ヤコブと彼の両親は歩を歓迎してくれる。
しかし、歩はあのときの一体感から遠ざかった自分たちも感じていた。

ナイル河の近くまで二人はいって、別れた日と同じように座った。そして、そのころ使っていた言葉「サラバ」をヤコブが口にすると、二人は涙を流す。
歩は信じるものをみつけた。
そして小説を書くと姉に宣言する。
書くのは家族のことだ、姉や母、父に話をきき、それをもとに話を再構成して3年かけて完成した。それがこの小説ということになるらしい。

物語の終わりは、歩がイランに行ったところで終わる。プリントアウトした物語をイランで読むためだ。
歩は物語には創作があって、実は自分は女かもといっている。実際作者は女性でイラン生まれだそうだ。
そして、この物語から「あなたの信じるもの」をみつけてほしいと結ぶ。
タイトルは「サラバ」


サラバ! 上

サラバ! 上

  • 作者: 西 加奈子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/10/29
  • メディア: 単行本



サラバ! 下

サラバ! 下

  • 作者: 西 加奈子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/10/29
  • メディア: 単行本



タグ:西 加奈子

一気にウエスト6cm減、1週間で5kg減、続々!部分やせできるDVD付き! ― 1日1分!くびれ美尻ダイエット [健康]

1日1回やさたいパーツの1分間体操を行うダイエット。
骨盤のゆがみをとって体液の流れを改善するために、

経絡ポーズ
  ↓
経絡ポーズ
  ↓
骨盤体操

という順で1分間で行う。
刺激が強いので、1ポーズ1分間以上は行わない。

ポイントは、呼吸にあわせて、今、どこに効いているか意識すること。
回数をまもり、呼吸は止めない。完成形のあとは一気に脱力してメリハリをつける。
満腹・空腹をさけて、寝る前などに行うのがおすすめ。生理中や妊娠中、出産後3か月、体調の悪い時はお休みする。

経絡ポーズでやせたいパーツの気の流れをよくしてから、「身体均整法」という背骨や骨盤のゆがみを取り除く専門の手技療法に従った骨盤体操を1ポーズだけ行う。

経絡は体中に網の目のような張り巡らされた気の通り道。
縦に流れる経脈と経脈からわかれて横に流れるライン絡脈がある。
主要な12の経脈に体の前中心を流れる任脈と後ろ中心を流れる督脈を加え、部分やせに効果的な14の経脈のメニューをつくった。これが経絡ポーズ。
指示に従ってポーズをとることで、経絡が整えられる。

くびれには大腸経から胃経のラインを刺激。
美尻には肝経・肺経 
美脚には脾経、心経
下腹部やせには腎経、心包経
バストアップには小腸経、膀胱系
小顔には三焦経、短径
背中やせには、任脈、督脈。

経絡とエネルギーの流れ(大腸経、胃経など)の解説が図入りであった。

次に骨盤体操でゆがみとり。呼吸にあわせて体を延ばし、一気に脱力することで固くなった筋肉が瞬時に緩む。これで1つの骨を刺激してゆがみを矯正するとそこから波紋のように効果が広がる。だから最後は10秒寝たままにする。

くびれには腰椎4番。
美尻には骨盤全体 
美脚には股関節、腸骨
下腹部やせには仙骨
バストアップには腰椎5番
小顔には腸骨、骨盤全体
背中やせには、腰椎1番。

背骨と骨盤の解説図。

ステップ1各パーツの体操を図入りで解説。拭く効果や経絡、効かせる骨など。
くびれ
美尻
美脚
下腹部やせ
バストアップ
小顔
背中やせ

おすすめメニューとして、1日1ポーズを1週間で回す例をあげていた。


ステップ2として10分間でメリハリボディをつくる体操ものっていた。
くびれを速くつくりたい人は、10分体操のあと、ステップ1の体操をいれる。

ステップ3はトラブル別1分骨盤セラピー
デトックス
生理トラブル
O脚改善
朝1分の骨盤マッサージ
昼1分の骨盤リリース
夜1分の骨盤リセット


速攻で痩せたい人は、朝・昼の骨盤マッサージとリリース、夜はステップ2の10分体操。そしてステップ1の体操。


一気にウエスト6cm減、1週間で5kg減、続々!部分やせできるDVD付き! ― 1日1分!くびれ美尻ダイエット

一気にウエスト6cm減、1週間で5kg減、続々!部分やせできるDVD付き! ― 1日1分!くびれ美尻ダイエット

  • 作者: 松岡博子(まつおか ひろこ)
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2010/05/21
  • メディア: 単行本



タグ:松岡博子

砂漠の女ディリー [雑学]

スーパーモデル、ワリス・デイリーの自伝。

ソマリアの砂漠に遊牧民として生まれたワリスは、13歳でラクダ5頭と引き換えに老人と結婚させられそうになり逃げだした。
叔母のいるモガデシュになんとかたどり着き、親戚を頼って暮らしていたところ、ソマリアの英国大使の家のメイドとしてイギリスに渡る。叔母が大使の妻だったのだ。
大使一家が帰国した時、一人イギリスにもどり、マクドナルドで働いていたところを写真家に見いだされてモデルになった。
国籍の問題を抱えながらも、アメリカにわたりスーパーモデルとなった。
イスラム教の風習である割礼についての問題提起と廃絶を訴えており、国連特別大使ともなった。自身も割礼によって長い間苦しんだ。

父親は遊牧民。母親は都市部の裕福な家の出身。
母の実家に反対されて、二人はかけおちのように結婚。
母はたくさんの子どもを産み育てていた、強い美しい人だったこと。
父親は砂漠で生きる知恵にたけた人で、非常にハンサムであったこと、子どもたちを愛していたこと。一方で若い女性を新しい妻として迎えてもいた。
結局、若い女性は砂漠での生活に耐えられず5人の子どもを残して逃げたらしい。
その子どもたちはワリスの母が面倒をみていることが最後に語られている。
ワリスは母親に一緒に暮らそうというが、母親は家族といると砂漠に帰っていくシーンがある。

ワリスが砂漠の、遊牧民の生活を愛していたこと。
与えられた仕事ができなければ死ぬような極限の生活ではあったが、シンプルでわかりやすく、力強い。生きるリアルを感じる。
軍事政権下で軍が砂漠に現れ、水を探すのに遠回りしたりする描写もある。しかし全体として社会体制が生活に与えた影響はほとんど描写なかったと思う。

割礼について、大人の女になる儀式として楽しみにしていたこと、でも現実は恐ろしいものだったこと。不十分な衛生状態で行われるため命を落とす女の子もいる。
大きくなるにつれて、女は男の所有物で結婚しなければ生きて行けず、自由にふるまうこともできないとわかりはじめ、結婚の話を機会にワリスは家出。
母親は黙っていてくれた。
割礼の影響でトイレにすごく時間がかかり生理のたびに激痛に襲われていた。
イギリスで医者にみてもらい、再手術をすすめられたが、大使夫人が許してくれなかったので、一人で残ってから手術をうけ、状態はとてもよくなった。
息子も生まれている。

母親の姉妹がいるモガシュをめざしたが、どこだかもわからず、乗せてもらったトラックの男に乱暴されそうになったり、砂漠で遊牧民のラクダの乳を盗み飲みしてムチで追いかけられたりしながら、運よくモガシュにたどり着く。
都市でもだまされて売られそうになったり、本当によく無事だったなと思う。

最初は自分の姉をさがしあてて世話になるが、家の仕事をすれば置いてくれるが、どこも長い間はいられない。母の親戚を頼って複数の家を渡り歩いていたとき、母の妹が嫁いでいるソマリアのイギリス大使が、イギリスの家で使うメイドを探していると知り、頼み込んで連れて行ってもらうことにする。

しかし、一人で飛行機に乗せられ、もらったソマリアのパスポートには18歳と書いてあり、いろいろ問題はあったようだ。なんとかイギリスの大使の家に到着。
しかし、待っていたのは1日も休みのないメイド生活だった。学校にもやってもらえず(内緒でいってとても怒られた)、そこの家の息子に襲われそうになったり(友達になった娘の協力で撃退)していた。
このころ、モデルをやっているという女の子をみかけて「自分もモデルになりたい」と漠然と思ったらしい。

大使一家が帰国するときパスポートを亡くしたと主張して残ることに成功したが、なんのあてもなくトランク一つで家をでた、その足で洋服を買いにいって結局なにも買わず、知り合った女性ハルウにYMCAに連れて行ってもらい、そこに住んでマクドナルドで不法就労していた。

メイドだったときからワリスをみかけて写真を撮りたがっていた写真家がいたのだが、英語のできるハルウに通訳してもらうまで、ワリスは不審者と思っていたのだ。
話がわかったので、写真をとってもらうとそれがエージェンシーの目にとまり、モデルの仕事をすることになる。
しかしピレリのカレンダーといわれいくと上半身ヌードといわれて逃げ出したり、オーデイションに現れなかったり、主に英語が通じなかったせいで、いろいろあった。
ピレリのカレンダーは大きな仕事で、このときバースでナオミ・キャンベルと同室だった。
そのご映画007のボンド・ガールに選ばれたり(勝手に金髪にしてエージェントに叱られた)したが、そのごあまり仕事はなかった。
イギリスではアフリカ系のモデルはあまり需要がないと本人は書いている。

国外に行きたくてもワリスにはパスポートがない。
(007の撮影は国外だったので、友達のパスポートを使って出国している。危ない話だ)
思い悩んでいた彼女は、二千ポンド払ってアイルランド人の老人と結婚してパスポートを作ってもらうという話にのったが、移民局はみとめず、ソマリアに強制送還されそうになる。そのときイギリス人の環境運動をしていた男性が結婚を申し込み、ワリスは迷ったが生きるためと結婚した。あくまでパスポートを得るためのものだったが、相手は徐々に本当の結婚と主張しはじめ、働かなくなった。

ワリスは彼をおいてニューヨークでモデルとして成功するが、ときどき現れては、彼女を悩ませた。ワリスがのちにほかの男性と結婚したいと離婚を求めたときも、突き飛ばされたり(妊娠中だった)と危ないところだった。
息子は相手の男性の実家で産んだ。息子がうまれて、それまで小さなことを不満に思っていたと気が付いたと書かれている。

モデルの仕事については、ファッションショーが一番すきで、向いているといっている。
ショーをおいかけて移動する生活が好きだとも。
オーデイションをうけまくり、最初はおとされると落ち込んだりしたけど、相手の欲しいのが自分の容姿ではなかっただけと、さっぱり忘れることができるようになったという。
業界にはよい人も悪い人もいるし、撮影の条件が悪いこともある。
そんなことがさらっとかかれていた。

BBCのドキュメンタリーでワリスの人生がとりあげられ、母親を探してくれることになったので、母親と弟と再会をはたす。父親は留守であえなかった。

そうして母になって、あらためて割礼によって苦しむ女性のことを考え、あるインタビューで自分の過去を明かした。
批判や恥ずかしさはあったが、割礼に正しさがあるとは思えなかった。
マリ・クレールに掲載されたこのインタビューは大きな波紋をよび、国連が動き、ワリスは国連特別大使になり、女子割礼廃絶の闘いが始まる。

ワリスはアフリカで育ち自分が自然の一部だと感じられることに感謝している。アフリカを好きだという。
そしてアメリカではみながお金がない、時間がないというが、平和があり健康があることが幸せだという。

また、割礼をうけていても父も母も恨んでいない。
メイドをしていたときのことも、親戚の家をたらしまわしにされたことも、それぞれ仕方なかったと回想している。
ワリスは思ったこと、したいことを隠さないので、そこそこ軋轢はあったようだけど、相手を恨む気持ちはないようだ。みな、自分のやるべきことをやっているというような割り切りを感じる。

そして、アフリカの女性に強くなってもらうために女子割礼廃絶にむけて取り組みたいと結んでいた。



砂漠の女ディリー

砂漠の女ディリー

  • 作者: ワリス ディリー
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 1999/10
  • メディア: 単行本