So-net無料ブログ作成
検索選択
自然科学 ブログトップ
前の2件 | -

ニセ科学を見抜くセンス [自然科学]

実は科学的な根拠のないニセ科学の説明を集めて解説。
著者は元中高の理科教諭で教科書の作成なども行っている人だそうだ。

第1章 EM
EMとは有用微生物群の英語頭文字。EM菌とも呼ばれるがその名前の菌はない。
元は農業用の微生物資材。
中身は乳酸菌、酵母、光合成細菌などの微生物らしいがはっきりしない。
元はサン興産業という会社が農業用微生物資材「サイオン」の効果確認・使用方法確率を琉球大学の比嘉氏に依頼したのが最初。
EMで土が改良され収量が増えるなどの報告もあるが、EMのせいだけとはいいきれず、農大の見解では効果なし。
EMを河川や海に投入して水質浄化するのは環境負荷があがる可能性がある。プール清掃につかうのも同様。
光合成細菌が入っているので放射能を除去するという説があるが、専門家は光合成細菌にはセシウムを集める能力はあるが除去するかは疑問としている。
1200度で死滅しないとしているが、もしそうなら大発見。いままで確認された超好熱菌は300度で30分耐えたという記録。
EMを消毒に使っていた養鶏場ではサルモネラ菌の検出率が増えた。
科学用語の波動は空間や物体の一部に加えられた状態の変化が次々に周囲の部分にある速さで伝わっていく現象。しかしニセ科学では霊気のようなものであらゆるものが波動をもち共鳴するという。この理論はEMにも使われている。
波動測定器というのは測定者自身の手のひらの皮膚表面の電気信号を測るウソ発見器のようなもので熟練した測定者でないと正しい数値が出ないといわれている。
そのようなものでの測定は科学的説明にはならない。
オーリングテストも古武術の手ほどき系の技のようなもので信頼性のある根拠とはいえない。
抗酸化作用をうたう食品が体内で有益にはたらいているかはっきりしない。
学校や環境活動を行う善意の人が、これらの偽の根拠に踊らされている。

第2章 マイナスイオン
原子にはマイナスの電荷をもった電子を他に与えたり、他からうけとったりするものがある。一般に金属の原子は電子を他に与えてプラスの電荷をもった陽イオンになりやすく、非金属はその逆で陰イオンになりやすい。
陰イオンはマイナスイオンではない。
負イオンはというものある。これはノーベル賞をとった(負イオンでとったのではない)物理学者レナードが水滴が分割されるときに大きい方の水滴はプラスの電荷を、小さい方はマイナスの電気を帯びるので、ただよっている滝のしぶきの微小な水滴がマイナスに帯電していることを発見したもの。人工的につくった水滴も同様。マイナスイオンはこのことらしい。
マイナスイオンを発生させる機器で微粒子をつくっても空気中で中和されてしまう。
マイナスイオンを発生させるとする器具をつくる会社は薬事法違反で営業停止処分をけている。国民生活センターは効果の因果関係がはっきりしないと指摘。景品表示法で合理的な根拠を示す資料が必要になるとブームは去った。
しかしマイナスイオンは健康によいというイメージはいまだにある。
マイナスイオン測定器ではかった値として1立方センチメートルあたり数十万個などとなっていうが、空気の分子数は同じ大きさでは約2690景あるので比較にならないほど少ない。
EMと同じく波動をもちだしたらニセ科学。
トルマリンが-イオンを発生するとか界面活性物質が生成されるといわれているが科学的根拠はない。
ゲルマニウムも同様で、ゲルマニウム温浴は普通の温浴以上の効果はない。国民生活センターがゲルマニウムブレスレット12銘柄を腸さするとベルト部分にゲルマニウムがあったものはなく、7銘柄は金属の粒の部分に微量、まったく含まれていないものもあった。
遠赤外線が細胞を活性化させるも間違い、皮膚から約200マイクロメートルで熱に変わってしまうから
テレビはシナリオに沿ってつくられる、基準は面白いかどうかなので、鵜呑みにしないことが大切。

第3章 水からの伝言
水に「ありがとう」「ばかやろう」というと結晶が変わるというのはまったく根拠がない。
確かにきれいな結晶、きたない結晶の写真はのっているが、言葉で変化したという根拠はない。
これを道徳の授業でとりあげる先生がいるが、やめたほうがいい。
波動測定器MRAであらゆるものの固有の波動を送ることができるとか測定できるという話は、MRAの技術者によるとまったく根拠がなく、表示されるコードからどこにも回路はつながっていないし、微弱な磁気を測定するという回路もない。

第4章 水と健康をめぐるニセ科学
ミネラルウォーターより水道水のほうが安全基準は厳しい。
ミネラルウォーターとなっているがミネラルの量などの基準はない。加熱してあるものすらある。
水のクラスターを説明に使っているのは疑ったほうがいい。水の粒子が小さいという意味らしいがそれを測ることはできない。
磁石で水のクラスターが小さくなるなどというのも確かめられていない。
水素水よりも腸内細菌がつくる水素の方が量が多い。
家に上がり込み水道水に薬品や電極をいれて「水がきたないから」と浄水器や整水器をかわせる商法があるが、塩素と反応させたり、ミネラル成分で電極を溶かしたりしているだけ。浄水器は塩素をとるので薬品と反応しなくなり、逆浸透膜の整水器を使えばミネラルは除去されるだけのこと。

第5章 サプリメント
サプリメントは一般の食品。治療効果があるなら医薬品になっているはず。過度な期待はいない。
体験談は本当にサプリのおかげなのか治療したからなのかわからないので鵜呑みにしない。
本に書いてあっても本当とは限らない。
薬事法や改正健康増進法でこれらの宣伝で健康増進効果をうたうのは誇大広告となり、実際に検挙された例もあって、減ってきている。
癌細胞は健康な人にも発生している。それを免疫系で抑制している。がん細胞を殺すとき活性酸素も使われていると考えられ、活性酸素をすべて除去するのはかえって危険かもしれない。
癌の原因として喫煙と食事(塩分が高い、動物性脂肪が多い)、細菌感染・ウィルス感染は関係ある。しかし食品の焦げは今は原因になるとは考えられていない。
アガリスクは動物実験で抗ガン作用どころか発がんを促進するというデータがある。他のサプリもヒトを対象にした臨床試験の根拠はない。
ベータカロテンについては人で実験したら取っている方ががんにかかる割合はたかかった。果物や野菜をとるとがんにかかりにくいというのはデータして本当だが、サプリより普通の食事でとった方が安全といえる。
放置しても転移しないがんがあるのは本当だが、他はすべて転移しているの根拠はない。=がんもどき理論
酸性食品、アルカリ性食品とは燃やしたあとの灰で調べて判定するが、現在の栄養学では体内で燃焼されるわけではないと採用されていない。アルカリ性食品で健康になるという根拠はない。
酵素はタンパク質なので消化されてしまう。生きて腸にとどいても量は微量で、常在はできない。通り過ぎるだけ。乳酸菌も。
酵素は加熱すると破壊されるからと生食にこだわり、食中毒の危険があるのは問題。特に手作りの酵素ジュースは危険。
遺伝子組み換え食品を食べても健康には害はない。しかし交雑や野生化は問題。

第6章 ホメオパシー・血液サラサラ・経皮毒
ホメオパシーのレメディーはただの水なので害はないが効果もない。
日本ではビタミンKの代わりにレメディーを投与された女児が死亡した例がある。
血液サラサラの根拠になるのはMC-FANという装置の映像。これは医療に仕えるほどの定量性や再現性が確認されていない装置。また玉ねぎのしぼり汁を直接血液にまぜて「サラサラになる」というが、我々は玉ねぎを直接血液にいれないので意味はない。
経皮毒はウソ。化学物質がいけるのは皮膚の角質層まで。体内には吸収されない。
フットバスで足裏デトックスでは電極がとけだして茶色のドロドロをだす装置で「毒がでた」とだますことがあるので注意を。でているのは汗くらい。

第7章 食品添加物
食品添加物には化学合成品と天然物がある。
嗜好性を高めるために使われるのは、調味料・甘味料・酸味料・着色料・着香料・発色剤・漂白剤
保存を高めるには、保存料・殺菌料・酸化防止剤・防カビ材
品質を改良する 糊料(粘着剤、安定剤、ゲル化剤)、乳化剤、PH調整剤
栄養強化 アミノ酸、ビタミン、ミネラル
安全性の試験は動物に与えて毒性を調査している。
ヒトの1日摂取許容量(ADI)は、上の結果だしている。ヒトでは試していないので安全性の根拠としては弱い。
著者はADIよりも基準が厳しい日本生協連の基準を推奨していた。
天然物でも、アレルギー・食中毒・ヒ素やカドミウムや水銀、フグやジャガイモの芽などの有毒化学物質という危険はある。合成の添加物をさけるあまりこれらの危険をおかしていないかは考えてみた方がいい。
塩でさえ大量摂取すれば危険なのである。

第8章 脳をめぐるニセ科学
脳は10%しかつかわれていない、右脳型と左脳型の人がいるというは昔の学説で今は否定されている。
ゲーム脳とはいつもゲームをしている人の脳は認知症患者と同様の脳波の特徴を示すというものだが、科学的検証ではこれは否定されている。脳波の測定方法やゲームばかりしている人というくくりが曖昧としていた。
脳トレについても、比較したのが老人ホームの認知症の入居者なのだが、脳トレ(簡単な計算やかきとり)をした人たちは指導する人たちとふれあったためと考えられる。
またイギリスでコンピュータを使った脳トレを検証したところ健康な人には効果がなかったことが報告されている。

第9章 雲
雲を気で消すマジックは意味がない。雲は種類によって消えやすいものがあり、それを選んでいるから。
地震雲も信頼性のある根拠はない。地震前に地震雲の報告が特に増えたという事実もない。
陰の世界支配機関がケムトレイル(有毒化学物質)をまいているという説は、検出データがない。飛行機雲が数日残ったものと思われる。

第10章 ニセ科学にがまされないために
人はだまされるようにできている。正確な知識や情報があっても自分でゆがめる心理システムがある。
ニセ科学を受け入れてしまう心理的要因
・社会的な情報の無批判な許容
・人の基本的な動機付け・・・説明をつけたいと思う、環境を良くしたいなど
・見かけの実用性・・・血液型性格診断はコミュニケーションに役立つ
・具体的な体験・・・都合のよいところだけを切り取る
認知バイアスの中の確証バイアスとは、自分の信じていることと矛盾する証拠を無視したり曲解する傾向があるだけでなく、自分が信じていることを裏付ける証拠や議論ばかりに目を向け、認知する心的傾向。
私たちの思考は完全ではない。それをわかった上でいろんな角度から柔軟に考えることが必要。


ニセ科学を見抜くセンス

ニセ科学を見抜くセンス

  • 作者: 左巻 健男
  • 出版社/メーカー: 新日本出版社
  • 発売日: 2015/09/29
  • メディア: 単行本



タグ:左巻 健男
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

人は原子、世界は物理法則で動く―社会物理学で読み解く人間行動 [自然科学]

社会科学は物理学のように明快な理論は成立しないと思われてきた。
その理由は人間が複雑だから。

経済学は複雑な人間を、合理性という理論で動くと仮定することで多くの数式をたててきたが、そのほとんどが現実世界と合致していないことがわかっている。つまり使えない。
社会現象は正規分布になることは少なく、ほとんどの社会現象はべき乗の分布になりすそ野の広いカーブが出現する。
これからわかったことは、われわれ人間は常に合理的に判断して動く生物ではないということだ。

合理性というは、かなり後で人間が獲得した能力で、我々の能力のほとんどは洞穴で野生動物や飢えにおびえながら生きてきた間に獲得されたものなのだ。
近年の行動経済学があきらかにしてきたところによれば、われわれは、合理的な計算機械ではなく、狡猾なギャンブラーであり、適応性のあるご都合主義者である。

心理学の研究が我々人間の特質を明らかにしてきた。
・パターンを認識し、変化する世界に適応するのが巧みである。
・他の人を模倣する。
・集団の中では個人の利益より集団の利益を優先する。そういう集団が生き残ってきた。しかし属している集団への強いつながりゆえに、他の集団に属する人間には強い恐れと軽蔑を抱く。

確かに人間は複雑だ。しかしそのなかでも特に注目すべき特質だけを抜き出して、注目することで、社会に現れるパターンを説明することができる。

これは物理学が個々の原子の振る舞いを予測できないのに、全体としてみると合理的な説明ができるのと似ている。
人間も自然の一部なのだから、人間を原子のようにとらえ、社会をその全体ととらえるなら、物理学のように説明できるというのは、ある意味あたりまえなのかもしれない。

幸いなことに現代の社会学者には心理学の研究成果と高性能なコンピュータがある。
コンピューター上の仮想社会に人間を配置し、注目すべき特質をあたえてシュミレーションを繰り返すことで、社会で実際におきている現象と同じ状態をつくることができる。

こうした研究からわかってきたことは、流行や虐殺、人種間で住む場所がわかれる、マンハッタンが再生するなどの社会現象は、人間相互のフィードバックによる自己組織化が大きいということだ。

これまでの社会学では、個々の事実を調べ、キーとなった出来事や人物を調べることで説明しようとしてきたが、それでは完全に説明できないことが多かった。

しかしシュミレーションで自己組織化の仕組みがわかれば対処方法や利用方法もさぐることができる。

シュミレーションするときは、人間を表すモデルをコンピュータ上に用意し、それぞれが採用しているパターンを配置。何回うまくいかなかったら別のパターンにするかを現実社会を参考にして設定。シュミレーション結果が現実の社会現象とあっているかみる。場合によっては設定値を変える。
みたいな感じでやるようだ。

暴動の場合は、周りの何人が暴れていたら自分も暴れるかの閾値を適切に設定すると、現実世界でおこったこととシュミレーション結果が一致する。

民族の憎しみあいは集団内の徹底的互恵主義と表裏一体だ。
コンピュータシュミレーションでは、生まれたときにランダムに色をつけて、色の数を同じにして、近い人とのかかわりが高いという条件をつけた。戦略は4つ。
1誰とでも協調
2だれとも協調しない
3同じ色の人とだけ協調
4違う色の人とだけ協調
さいしょはこの戦略をランダムにわりふって、同じ数にしておく。
そして、他の人の戦略がうまくいっているようだったら模倣する可能性をつけておく。
これで人々が1000回のかかわりをもつまでランさせる。寿命もあるので生まれたり死んだりする。いろいろ条件をかえても結果はいつも3の戦略がひろがっていた。
偶然同じ偏見をもつ抱く人の小集団があらわれ内部ではうまくいくが、偏見のない人はこの人たちから利益がえられないので、偏見のある人の方がうまくやっていると判断して戦略をかえていく。結果として偏見が有効に働く社会ができる。
意味のないレッテルが組織化されることのない社会の実態にある種の構造をあたえ、そのおかげで人々は同属集団の一員となって以前より適切な判断が下せるようになる。
われわれの先祖は偏見をだくことで適応し、進化したのではないか。正しいふるまいとはどういうものかについて同じ考えをもっていると積極的にかかわるのが比較的容易なのである。

民族間の憎しみと不信が暴力につながるときには、目的達成に利用する政治的指導ないし党派の決定的行動がある。
ある種の人々が歴史に強烈な影響を行使するのは社会のパターンをうまく操っているからである。
個人が手にしている権力はその人間に由来するよりも集団組織に由来している。階層性組織が集団のちからの増大を実現するから、人間はそういうふうに組織化してきたのだ。
社会物理的にいえば、異民族間の憎悪は人間の集団がとる基本的な行動様式のひとつである。指導者はそれを利用しているのである。

金持ちがますます金持ちになる理由。
これまえは個人の才能とか相続財産、縁故などで説明されてきたが、世界的にみてどの地域でも富の分布が偏ることの説明にならない。
富をあたかも物理的物質の一種であるかのように大ざっぱにかんがえるとうまくいく。
資産の変化は二つの形がある。
1移転、労働賃金や物の売買のように富の総額はかわらず、個人の間を富が行き来している
2投資、住宅価格や株のように増えたり消えたりする。
この特性に注目したコンピュータシュミレーションでは売買は富の格差をなくす役目をするが、それよりずっと強く投資による富の偏りがおこることがわかっている。われわれは複利の力を低く見積もりすぎなのである。シュミレーションでは一部の人に富が集中し、それは現実世界と似た状態になった。
人間の才能よりも、必然的ななりゆき(投資したものがうまくいった)の要素の方が大きい。

火星の川でも地球の川でも液体が流れたあとにできる後には同じ特徴がある。人間社会も自然社会も同じ数学的法則で動いているのではないか。

総売り上げと企業の数にもべき乗測がはたらく。まるでソビエトの計画経済のように。成長速度もそうなるそうだ。
コンピュータシュミレーションでは
1自分で仕事をするか企業で他の人と仕事をするか選べる
2強調して仕事をおこなうと、生産高は10倍をこえて従業員は個人で働くより多くの恩恵をうける
32のなかに「ただのり」する人があらわれて集団の利益をそこなっていき、働いている人たちが損だと判断するようになる。(他の人の分も働くことになるので)
さらに、野心的で懸命に働く人、収入より時間を重視する人などのモデルとつけくえわえた。
最初は野心的な人たちが企業を形成し、成長し生産性があがるが、時間の経過とともに多くの従業員がふえて、意欲のない人たちがただのりをはじめ、それをみた他の人たちが模倣して、生産性が下がり、勤勉な労働者は別の企業にうつるか起業するため大企業は損害をうけてしまう。
中小企業では個人のがんばりが全体に及ぼす影響が大きいのでこういうことはおきにくい。
このモデルは驚くほど現実社会をうつしだしている。
企業にとって協調性が生み出す社会的まとまりが繁栄の原動力なのである。これはわれわれの祖先のちからになった能力だ。

平衡状態にならず、常に変化する社会をこうして理解できるのは、原子の注目すべき特質を理解して、そこに注目して理論をたて、それをコンピュータ上でシュミレーションできるからである。

意図していなかった変化がおきることがある例。
アメリカの航空輸送業の規制を緩和したら航空会社間の競争がおこり、運賃の値下げとサービスの向上になるとおもったのに、実際は直行便の数は減り、航空会社の数も減り、料金は予測しにくく制約をうけるようになり、航空会社の財務状態は破たん状態にあり、一部路線は格安でも他の料金はあがるという事態になった。さらに航空機がうれなくなって新型機の開発ができなくなった。

今のわれわれは得られた社会物理学で予測をすることができる。
イリノイ州の電力市場の規制緩和のときの調査と欠陥をおぎなうための手立てに利用した。

社会の原子である人間とその相互作用の大まかな描画を手にして、数学でもコンピュータでも利用すれば、現れてきそうなさまざまなパターンとその帰結をしることができる。

個々の人間よりもパターンが重要なのだ。そしてパターンは物理学で得られているのと同様の数学的法則が使える。

個々の合理的人間の判断による行動をもにした経済学があらわれるまえは、こうした経済学があったとしてスミスとヒュームがあげられていた。
人間を完璧に合理的な生き物とみなして人間以外の自然の上におく考えが賛美されてきた背景には宗教思想が宗教の範囲をこえて外部に及ぼした哲学的影響がある。
しかし人間も自然の一部であるとうけいれることで、われわれは自分のたちのことをもっとよく理解できる。


人は原子、世界は物理法則で動く―社会物理学で読み解く人間行動

人は原子、世界は物理法則で動く―社会物理学で読み解く人間行動

  • 作者: マーク ブキャナン
  • 出版社/メーカー: 白揚社
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の2件 | - 自然科学 ブログトップ
メッセージを送る
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ