So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

本のベストセラー

わずか9文字でその気にさせる心理テク―仕事が圧倒的にうまくいく言葉とコミュニケーションの本 [ビジネス]

9文字とは「ホンキになりました」だそうである。セミナーのあと何度も質問してくる若い男性からのメールにあった一文で、それまで「ちょっと迷惑」と思っていたのが、「そうか、ホンキにさせるほどだったのか、しょうがないなあ」となったそうである。

コミュニケーションが上手な人の条件
①話し上手であること
②聞き上手であること
③質問上手であること

コミュニケーションは説得の技術ではない。人間関係を築くもの

相手に伝わる話し方をしよう。早口はほとんどのひとがもっている癖。話し出すのもゆっくりと。3秒笑顔をつくってから。
聞き手に理解できる時間を与えよう。
営業が苦手なひとは、時間の余裕とイメージトレーニング、または相手に自分の会社にきてもらうのも有効
苦手な人とはなすときはなるべく相手のことを知ろうとする事。興味をもたれて悪い気がするひとはいない
会話を続けるには、答えが一つしかないような質問はNG。
「コーヒーはお好きですか?」⇒「はい」・・・NG
「コーヒーと紅茶どちらがお好きですか?」⇒「コーヒーです」
「コーヒーのほうがおすきなんですね。コーヒーのどんなところがおすきなんですか?」・・・OK

聞き上手になるには「あいづち上手」になろう
あいづちバリエーション
「なるほど」
「すごいですね」
「初めて知りました」
「さすがですね」
「うんうん」
「それから」
「そういうことだったんですね」

相手に嫌われる話の聞き方
①会話の途中でメールチェック
②人の話を途中でさえぎる
③顔をみないで話をする
④時計をチラチラみる
⑤そっけない返事
⑥メモをとらない

相手に好感をもたれる聞き方
①質問をたくさんだす
②身をのりだして聞く
③うなずく

聞き方ポイント
・相手の話に興味をもってきくこと
・相手の話がきちんと伝わっているとわかる聞き方ができること

好感度をあげる話し方
・あいさつ
・あいての都合を考える言葉
「今、お時間よろしいでしょうか」
「お忙しいところを失礼します」
・相手に感謝する言葉
「おかげで仕事がはやくおわりました」
「手伝ってもらってとてもたすかりました」
・相手をねぎらう言葉
「おかえりなさい」
「お疲れ様」

好感度を下げる話し方
・自分をアピールしすぎる
・自己分析しすぎる
・マイナス思考の言葉
・具体的なことのないことば

具体的な場面での対応Tipsいろいろ
とっさの切り返しのしかた
①相手から嫌な言葉をかけられて、特にそのことに返答したくない場合
(少し沈黙したあとで)「○○さん、わたしが気にし過ぎかもしれませんけど、今の質問は、どういう意味ですか?」
②聞かれたくないことを聞かれた場合返す言葉
「○○さんが私にそんなことを聞くなんて、なにかあったんですか?」
③あまり誘われたくない相手から食事にさそわれた場合
「ありがとうございます。大変うれしいのですが、あいにくその週は時間がとれないんです。また誘っていただけますか」

などなど



わずか9文字でその気にさせる心理テク―仕事が圧倒的にうまくいく言葉とコミュニケーションの本

わずか9文字でその気にさせる心理テク―仕事が圧倒的にうまくいく言葉とコミュニケーションの本

  • 作者: 臼井 由妃
  • 出版社/メーカー: インデックス・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。