So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

本のベストセラー

美のジャポニスム [雑学]

著者は、大学でデザイン・構成学を教えている

東インド会社などによって、西洋に伝えられたシノワズリー(中国趣味)の流行
万国博覧会以降のジャポニズムの流行

日本の文化から西洋文化にとりいれられたものはたくさんある
浮世絵・水墨画などの、大胆に斜めに画面をよこぎったり、対象を画面の隅にもってくる構図などは、シンメトリーと写実を良しとしてきた西洋美術に大きな影響をあたえた。印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォ、アール・デコなど

またモードでは、マダム貞奴の影響などで、キモノから洋服がうまれ、窮屈なコルセットから女性を解放したと書いてある

浮世絵を、等量分割、黄金分割で分析
北斎の波を対数螺旋で分析
などのっていた。

実は自然の造詣にはフラクタルと黄金分割いう数学的秩序があることがわかってきており、自然から美を感じてそれをデザインに活かしていた日本人の感性はすばらしかった。


美のジャポニスム (文春新書 (039))

美のジャポニスム (文春新書 (039))

  • 作者: 三井 秀樹
  • 出版社/メーカー: 文芸春秋
  • 発売日: 1999/04
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。