So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

もっとピアノがうまくなる子、ならない子 [雑学]

子どもにピアノを習わせるときに、
先生のいうことを鵜呑みにしないで。その場面での指導なので、すべての場合にあてはまらいことがある。
レッスン中に子どもをしからない。「練習しないんです」などと目の前で先生にいわれると子どものやる気がなくなってしまう。
指導は先生にまかせて(もちろん、疑問なことはきいて)親がすべきは子どものやる気を続かせてあげること、練習しているとある日弾けるようになる。音楽に感情をのせたときの喜びを知るようになる。

ピアノの先生はピアノを習っているときどうだったのか?の問答集。
先生になってもピアノ練習は続く。続けないと弾けなくなってしまう。

ピアノ曲の雑学、作曲家から

「いつも何度でも」を題材に、楽譜の読み方、指使いの解説。
楽譜のダウンロードページとインターネットレッスンのホームページの紹介


もっとピアノがうまくなる子、ならない子

もっとピアノがうまくなる子、ならない子

  • 作者: 池田 陽子; 中村 靖; さいとう みどり
  • 出版社/メーカー: 情報センター出版局
  • 発売日: 2004/03/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:ピアノ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。