So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

知っておきたい外貨・FXの常識―少額投資で大儲けをする人がいるって本当なの? [資産]

基礎用語の解説がしっかりされていた。基本的な仕組みと、売るほうがあまり宣伝しないリスクがきっちりかかれていた。

為替とは、現金を輸送せずに送金できる画期的な仕組み、全銀のシステムで国内の銀行間で送金するのは内国為替
外国為替は、インターバンクと対顧客取引の2種類、インターバンクの主役は為替ディーラー他に各国の通貨当局やブローカーがいる
外国為替市場は、具体的な場所ではなく、コンピュータ上にあり、基本的に24時間行われている
為替レートが変動するのは需給関係。各国の経済指標に注目しよう。
外貨には、カントリーリスクや、為替レートの変動によるリスクがあり、債券でも不履行になることがあったり、換金したいときに円安になっていたりすることがある

外貨預金
外貨ベースで元本が保障されている商品。ただし、TTS、TTBという手数料があること、満期時に円安になっていると円ベースで元本割れすることがある。課税は利息(源泉徴収)と、為替差益(雑所得)に別々にかかる。また、ペイオフの対象外。
中には外貨ベースのままおいておけるものもある

FX(外国為替証拠金取引)
売りから入れる。レバレッジがかけられる、取引手数料が安い、24時間取引できる、自動売買機能が充実
金利の安い通貨を売って、金利の高い通貨を買うと、利息のようなスワップポイントが受け取れることがある。換金性も高い。
ただし、レバレッジがかけられる分、損も大きくなる。業者によっては預けた証拠金が戻ってこなかったりする。業者選びは慎重に。手数料0でも、スプレッドが手数料代わりになっている、2wayプライスの幅がスプレッド、2wayプライスでない業者は論外。
儲けは雑所得として課税される。雑所得には経費がみとめられるので、書籍代やパソコン代、プロバイダ料金などを経費として引くのをわすれずに。
基本的に預けた証拠金の範囲で差額決済をするので、一定の損失がでたらマージンコールやロスカットがかかる。

FXのためのテクニカル分析
分析のコツ
「為替の動きは繰り返される」
「為替の動きはトレンドを形成する」
ローソク足の基本のよみかた、2本の組み合わせ「窓」「はらみ足」、複数組み合わせ「ダブルトップ」「三尊」とその逆パターン
トレンドをつかむトレンドラインと移動平均線とそのクロス
テクニカル指標には、トレンド系(基本的に順張りで使用)とオシレータ系(基本的に逆張りで使用)がある
初心者はトレンド系を使ってみるのがオススメ

その他の外貨商品
外国投信・・・海外で設立された投資信託、株式、債券、エマージング株式、エマージング債券、REIT
債券は格付けが低いほど利回りがよいもの(ハイイールド債)と格付けが高く利回りが悪いもの(ソブリン債)がある。エマージング債は利回りが高いがカントリーリスクが高くなる。REITは基本的に手数料が高め。
外貨MMF・・・外貨で短期の債券に投資する。外貨預金と違って外貨ベースでも元本は保障されていないが、いままで元本割れはない。分配金は源泉徴収されるが、為替差益には課税されない。
外国債券・・・利付債、ディスカウント債、ゼロクーポンの3種類がある。格付けはムーディーズなどでチェック。一般的に金利があがると、債券の価格は下がる。

アメリカ株、中国株の買い方がのっていた。



知っておきたい外貨・FXの常識―少額投資で大儲けをする人がいるって本当なの? (なるほどBOOK!)

知っておきたい外貨・FXの常識―少額投資で大儲けをする人がいるって本当なの? (なるほどBOOK!)

  • 作者: 大竹 のり子
  • 出版社/メーカー: 西東社
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本



タグ:外貨投資
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

aosima0714

初めまして!
遊びに来ました!
良かったら私のブログに来てくださいね!
これから、ちょこちょこ遊びにきます!よろしくです<m(__)m>
by aosima0714 (2009-07-31 11:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。