So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

週末の手植え稲つくり―5畝の田んぼで自給生活を楽しむ [農業]

著者はフリーライターで、自宅は中野区にあるが、茨城県八郷町にたんぼを借りて、稲つくりをしている。

市民菜園などもためしたが、抽選にはずれるとできなかったりで、せっかく土をつくっても無駄になったりするのが不満だった。

取材でしりあったかたが、田んぼをやっているときき、援農にいくようになり、やがて、自分でも土地と家を借りて稲を作るようになった。

都会に暮らしながら、週末のみ通って、稲つくりを続けているそうだ。

借りている田んぼは5畝。
田んぼの単位は
畝 反 町
1畝は30坪 100平方メートル 1アール
1反(10畝)は 300坪 1000平方メートル 10アール
1町(10反)は 3000坪 10000平方メートル 100アール=1ヘクタール

著者はなるべく人力で、農薬をつかわないでやっているが、
田植えと稲刈りは手伝ってもらうそう。
毎年栽培法も変えており
苗も直播から苗代からいろいろ
試しているそう。購入もできる。
植え方は手植えで疎植。
最近はレンゲを植えたあとのアクを利用し、不起耕、無代掻き栽培もしたことがある。
でも、どんな方法が合うかは田んぼの条件にもよるそう。
GWは田植えだそうだ。
畔シートを引いて畔をつくる方法も解説されていた。

夏は除草、
深水栽培 レンゲのアク、ワラ、草、米ぬかをまく(マルチの効果)
ザリガニやドジョウに手伝ってもらう(農薬をまかなければ発生する)
コイやアイガモを放す。週末だとアイガモは無理らしい。
もちろん手取りや畔の草刈りも

秋には有機肥料をアバウトに与えるそうで、草と米ぬかの自家製ぼかしや、地主さんから分けてもらった発酵肥料などをあたえる。
8月には雀除けの案山子とテープをたてる。
病気もそれなりにでるが、疎植で植えた稲の茎葉は堅いせいかあまり蔓延しないそう
害虫も天敵まかせで、少々見場が悪くなっても気にしない。
収穫2-3週間前に水を落とし、溝をほる。レンゲの種をまく。抜き穂をして翌年の種もみをとる。
稲刈りをしてオダにかけて1-2週間干す。秋のちょっとした雨ならぬれても半日で乾く。無理なら機械乾燥してもらう。脱穀は手でしたこともあるが、今は機械(ハーベスタ)に頼んでいる。もみすりも。
著者の田んぼから250㎏くらいのコメが取れるそうである。

冬がくるまえに農機具やオダを片付けもみ殻をまく。お餅をついたりしてみんなで祝う。
燻炭をつくり。排水溝に向けて溝を掘り(暗渠)水はけをよくする。
山から土をとって焼いて殺菌したり、アセビで汁をつくって虫よけにしたりする。



週末の手植え稲つくり―5畝の田んぼで自給生活を楽しむ

週末の手植え稲つくり―5畝の田んぼで自給生活を楽しむ

  • 作者: 横田 不二子
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2000/02
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。