So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

伝える力 [ビジネス]

週刊こどもニュースのお父さんで有名な著者が、ビジネスパーソン向けに書いた「伝える力」の本。
最初は雑誌で連載していたものを、本にまとめましょうといわれ、書く予定じゃなかったのにいつのまにか1冊かかされていた、編集者の作戦勝ちだと、あとがきでいっていた。

「伝える力」を培う
深く理解していなければ説明はできない。わかったつもりになっていることは多い。いかに自分が知らないかを知って、謙虚になることで本質がみえてくる。自分のことばかり話さず、相手の話をよく聞く、聞いていることを相手に伝える。ポイントを伝えるために、あえて伝えない部分がでるのがふつう。
相手の「へぇー」が増えてきたらあなたの「伝える力」が向上している証拠。

相手を惹きつける
話初めには「つかみ」が重要。
例 景気が回復したのは小泉内閣のおかげです。なぜなら政府が何もしてくれなかったからみんな頑張ったから。
例 ゴア元副大統領のあいさつ「元次期大統領のゴアです」(選挙速報の誤報で大統領に決まったことがある)
結婚式など決まった型があるときには「型を崩す」話し方もできるが、それができるのは型があってこそ。
キャスター経験から10秒あればかなりのことが言える。1分ならかなり長い。
事前の準備をきっちりやって、いう内容をしっかりつかみ、話すときは一人一人の目をみながらやる。

円滑にコミュニケーションする
爆笑問題や毒蝮三太夫をとりあげ、毒舌でも愛される理由を分析。
爆笑は相方の絶妙フォロー、毒蝮は「愛情がある」とわかるからだそうな。
法律に違反していなくても「なんとなくけしからん」とう風情があるのが日本の特徴。ここに引っかかると成功しても嫌われてしまう。
悪口は面と向かって言えるレベルにしよう。叱るときは「1対1」褒めるときはみんなの前がよい。
感情は理屈ではない。謝ることが危機管理になるときは使ってよいのではないか。
苦情を伝えるには、自分がだれであるか名乗り、全体像がわかるように話、要望を伝える。これを穏やかにやる。
苦情を受けるときは、クレーマーならひたすら「誠意を示せ」と暗に金品の要求をしてくるので、なるべく長引かないように誠意を示した対応をする。時には上司の助力もいるかも。クレーマーでなければ真摯に耳を傾けて、問題点の指摘を感謝すべき。

ビジネス文書を書く
フォーマットを見つけよう。
すぐれた文章を書きうつそう。
五感を大切に、中身のある文章を書こう。
著者はジャーナリストだったので、リサーチして書くというシチュエーションで例をあげていた。
取材にいき「素材」を探し、緩やかな演譚法で論をすすめる。つまり「こうなんじゃないか」で調べてみて。そのとおりでしたとか、意外でしたとか。

文章力を育てる
人は自分が書いたものに満足しがち。それでは成長しない。
自分の文章を見直して、批判できるもう一人の自分をそだてよう。
見直しに有効なのは、寝かせてから見直す、音読する、人に見てもらう。
人に聞いてもらいながら書く内容を整理するのも有効。
コラムを要約したり、ブログを書くのも文章力スキルアップになる。

わかりやすく伝える
カタカナ語の氾濫は避ける。
「性」「的」をつけるとごまかしになる。
漢語表現や4字熟語はほどほどにいれる。
難しいことも簡単に表現する。難しい言葉で難しいことを説明してはいけない。
図解も要点をおさえていなければ、作っただけで満足になってしまう。きれいな図が書けたら伝わると思うのは勘違い。
図に入れる文字は最小限に。見たらわかることは書かない。

使わない言葉表現
「そして」「それから」は不要。接続詞を使わないで文章を書こうとすると、論理的な文章が書けるようになる。
順接の「が」は使わない。文章がわかりにくくなるから。
「ところで」「さて」は使いすぎると論旨の腰をおるので、多用しない。
「いずれにしても」それまでの論理を捨てて、まとめることになるから使わない。
絵文字はビジネスには合わない。

上質のインプット
読書はいつからでも始められる。まずは小説から質のよい文章をどんどんインプットしよう。それはアウトプットに反映される。
話し方なら落語がおすすめ。
著者のスケジュール帳の使い方紹介。仕事とプライベートは1冊のスケジュールで管理しよう。
また、思い立ったらメモをとる習慣をつけよう。


伝える力 (PHPビジネス新書)

伝える力 (PHPビジネス新書)

  • 作者: 池上 彰
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2007/04/19
  • メディア: 新書



タグ:池上彰
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。