So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

本のベストセラー

ゆるかわイラスト [雑学]

著者はイラストレーター。だれでも簡単にかけるイラストを「ゆるかわ イラスト」と名付け、
どんなところに書くか、書き方のポイント、良く受ける質問などをまとめたもの。

こんなところに書くと楽しい
プランターのタグ・・・アイスクリームのヘラにイラストを描いて
ガーデニンググッズ
ドアメッセージ
メッセージボード
エコバッグ
ペットボトル
洗濯バサミ
空き箱
テーブルウェア(ストローチャームに名前をいれると目印にもなる、ナプキンなど)
上履きや子供の下着のマーク
イラスト雑巾
パズルやかるた
保冷用バッグにかいたり、箱にイラストをいれてラッピングしておすそ分けにする
ブックカバー
リボンにイラストでひと手間
クッキー
カード、レター、メモ
イラストシール
レシピや日記をイラスト入りで

ゆるかわイラストを描いてみよう(なぞり書き用の場所があり)
顔の基本はU型、顔の基本は目と口の位置、くっつけたら子ども。話すとおおらか、目を一つにすると横顔など
口の表情あれこれ
目の表情
眉毛の表情
キャラクターに個性をだすときの、目や鼻の形あれこれ
体はあごの下から2等辺三角形をかいて、細めのうで、二等辺三角形の下に台形のスカート、マッチ棒のような

足で完成。
老若男女のかきわけ
動物
ゆるく、かわいく描くコツは線を少なく書くこと。文字・記号・飾り線の繰り返し。
アイコンぽくしあげてもいい。
星やハートのパターンでデザインする方法
花や動物の例
キッチンツール例
スイーツ例
料理の例、なるべくシンプルに描く
いろんなファッション例、ファッション小物例
コスメ、バスグッズ、春夏秋冬


質問に答える
描く道具については素材とかくものでかえているそう、著者が使っている道具は、
ペンは0.35mmのゲルインクボールペンと、0.5mmのゲルインクボールペンを使用。
カラーのゲルインクも使う。
色鉛筆とペイントマーカーの黒と白。

かわいいイラストや雑貨をつくるのに
ピンキングばさみ、マスキングテープ(テープの上からイラストが描ける)

小物をかくときは、毎日つかっているものを見ながら書いてみよう。
頭の中のを描こうとしてもうまくいかない。
見るときは目線を一定にして、見ている角度がずれないように、はじめは無理に立体にとらえないほうがいい。

ゆるかわに描くには小さく書くこと、歪んでもラフにかいてしまえば大丈夫。
心配なら下書きを。

デフォルメのコツ
ビルは窓をきれいに並べるなど

風景は遠近感をだすといい。近いものと遠いものをかきこむ

プロのコツはシンプルだけどいきいきしていること
バランスを見ながら要素をたしたり、時間を想像させるモチーフをくわえたり、
小さな物語を感じさせるように要素をたしていったりする。

イラストをいれられるカレンダー付き

ゆるかわイラスト

ゆるかわイラスト

  • 作者: しまだ・ひろみ
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/07/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。