So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

本のベストセラー

アロハ! ヒューレン博士とホ・オポノポノの言葉 [思考]

ホ・オポノポノの日本事務局のスタッフである著者と、SITHホ・オポノポノの継承者であり世界に広めた第一人者であるイハレアカラ・ヒューレン博士の交流で、著者が博士からかけられた言葉をまとめたもの。

タイトルのアロハは、ホ・オポノポノでは「私は神様の前にいます」という意味。

ホ・オポノポノのおさらい
ホ・オポノポノはハワイの伝統的問題解決方法のこと。これをハワイ伝統医療のスペシャリストであるモーナ・ナラマク・シメオナ女史が誰でも一人でできる「セルフアイディンティティースルーホ・オポノポノ」に進化させたもの。

すべての問題の原因は自分の中の潜在意識にある記憶の再生。だから記憶が再生されたらクリーニング。クリーニングする方法は4つのことばを唱えること

ありがとう
ごめんさい
許してください
愛しています

期待もせず、願いもせず、ただクリーニングする。

私たちの意識は 3つにわかれている。一番上がアウマクア(超意識)、次がウハネ(顕在意識)、その下にウニヒピリ(潜在意識)、アウマクアの上には神聖なる存在ディヴィニティーがある。

私たちのなかのアウマクア・ウハネ・ウニヒピリがバラバラだと心はバランスを欠いている。クリーニングをするとやがて一体になり、ゼロの自分本当の自分に戻り、ディヴィニティーからのインスピレーションを受け取れるようになる。

クリーニングをするととはぐたいていにはウニヒピリをケアすること。ウニヒピリは記憶を再生してはクリーニングしてくれるのをまっている。「みせてくれてありがとう」「いっしょにクリーニングしようね」とウニヒピリと交流することでクリーニングが進んでいく。

このとき最大の問題はクリーニングしてよくなりたいとか、クリーニングしているから大丈夫といった期待。流れが滞ってしまうので、期待もクリーニング、さらにいえばネガティブな記憶だけでなくポジティブな記憶もクリーニング。そして結果にこだわらない。日常生活のなかでまるで呼吸するようにクリーニングできるようになるのが理想。

17章にわかれて博士の言葉と、それを聞いた時の著者の状況や心情、変化などがかかれていた。
一つだけ
「あなたの本当の仕事はただ一つ、自分を取り戻すこと」
「なぜ”本当の自分”を取り戻す必要があるのか、それは、内なる家(アウマクア・ウハネ・ウニヒピリ)がバラバラでは、人類というひとつの家もバラバラになり倒れてしまうから。内なる家族が一つの状態”ほんとうの自分”をいきることはそれだけパワフルなこと。平和は”わたし”から始まる。世の中で今いったいどんなニュースが流れていようとも、あなたにしか見つけられない、真の平和があるでしょう」

まず自分をクリーニングする、自分を幸福にする。

クリーニングは自分の中だけでなく、使うもの、時間などにも及ぶ。
一瞬一瞬がウニヒピリが与えてくれたクリーニングのチャンス。


アロハ!  ヒューレン博士とホ・オポノポノの言葉

アロハ! ヒューレン博士とホ・オポノポノの言葉

  • 作者: 平良アイリーン
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2013/03/01
  • メディア: 単行本



nice!(2) 
共通テーマ:

nice! 2


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。