So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

NLPタイムラインセラピー [思考]

NLPのセラピーにつかう手法(タイムラインセラピー)の解説。
短時間で効果的に、過去のトラウマや未来の不安を取り除くことができる。

強力なので、NLPのカウンセリング方法について、一通りの知識を得てから実践するようにと注意書きがあった。

人はタイムラインをもっている。
そのタイムラインの上に浮かび上がり移動することで、過去や未来を書き換えるのがタイムラインセラピー。
時には先祖の記憶までさかのぼる(ほんとに先祖の記憶があるのかは関係ない、クライアントがそうならそう)

タイムラインの種類とその見分け方
見分け方=質問とその回答からわかる、その解説。

タイムラインだと、インタイム型とスルータイム型がある。

スルータイムは右から左、あるいは上から下のタイムラインをもっており、
時間は連続しており、それを本人は外から眺めているというイメージをもっている。

インタイムは、前から後ろ、あるいは下から上にタイムラインをもっており、
時間が自分の中を通っている。未来や過去より今に注目しやすい。

見分ける質問例

5歳のときのことを思い出してください。それはどの方角からやってきましたか?
未来のことを思い浮かべてください。それはどちらの方角からやってきましたか?

タイムラインを把握するのは、それに応じた言葉をつかうことで、
相手がよりトランス状態にはいったり、イメージをもちやすくする。

うまくいかない場合の補助的な質問もあってわかりやすい。

タイムラインセラピーの他に、メタプログラム=その人の無意識に近い認識フィルターの把握と
その書き換えについて解説。

ただしメタプログラムは常に周りの影響をうけて書き換わっていることに注意。

クライアントの変化を後押しする重要な要素、「価値」

これは7歳までの刷り込み期

8~13歳までのモデリング期

14~21歳までの社会化期

に形成される。

記憶にないトラウマなら7歳以前までタイムラインで戻る。
タイムラインセラピーでは21歳以降の記憶に働きかけるのが望ましい

価値は歴史的出来事にも左右されるので、年代別の傾向もあげていた。
1960年代に10歳だったひとは、「人生でテレビほど面白いものはない」と考えている世代
などといった風。

価値が問題なのでなく、価値が葛藤を引き起こしていると問題。
そこを解決する。

クライアントの価値を引き出す質問

葛藤を統合するセラピー例が紹介されていた。


NLPタイムライン・セラピー

NLPタイムライン・セラピー

  • 作者: タッド・ジェイムズ&ワイアット・ウッドスモール
  • 出版社/メーカー: ヴォイス
  • 発売日: 2007/07/24
  • メディア: 単行本



nice!(0) 
共通テーマ:

nice! 0